引越しをする時の冷蔵庫は意外と大変

 

引越しをする時に、意外とネックになりやすいのが、冷蔵庫になります。
引越しをするまでに冷蔵庫の中身をなくしていかなければいけないのは、もちろん、保存していたおのの処理、冷凍庫の中の、処理などもしっかりしておく必要があります。

 

これがなかなか難しく、最低限の食材だけにしておくことができないことが多いです。
そのため、引越しをする前は、買出しなどに注意をして、冷蔵庫の中身が必要以上に増えないようにしておくことが必要です。

 

引越し前日の冷蔵庫の処置

 

引越しで冷蔵庫を運ぶ時は、当然冷蔵庫を使うことはできません。
冷やさないと保存ができないものなどはクーラーボックスなどで緊急的に処理をしておく工夫も必要になります。

 

引越しをする前日には冷蔵庫の電源を抜いておく必要があります。これは、冷蔵庫の霜によって、他の荷物が濡れてしまうことを防ぐためです。これも意外と忘れがちなので忘れないようにしましょう。

 

引越しの中でも、冷蔵庫は一般の人が、運び出そうとすると、故障の原因になってしまうこともあります。家電などに詳しくない人は、業者の人に任せてしまうのが一番です。
もし個人で運び出すことが必要であるなら、数人で落ち着いて運べるようにしておくことが必要です。