引越しの時の転居届って何?

 

引越しの転居届と転出届、転入届というのが、一緒のもののように思ってしまっている人は少なくありません。
何が違うのかと考えた時に、よく違いがわからないと感じる人もいます。
この引越し時の転居届というのは、同じ市町村内に引越した時に必要になるものであり、転出届や転入届ではなく、この転居届というものが必要になるのです。
同じ市町村であると、どこか引越しをしたという気持ちが出てこず、届出をしなくても良いのではと思ってしまうのですが、しっかりと転居届を出しておく必要があるのです。

 

届け出は14日という期間を覚えておいて!

 

引越しをした時の、転居届は、引越しをした後14日以内にしておくという期限もあるので、注意が必要です。
この時、引越しだからと言って、転出届を出しておく必要はありません。
同じ市町村であれば、転居届だけで大丈夫です。

 

同じマンション内で部屋を変えたということでも、引越しとして転居届が必要になるので、ここには注意が必要です。

 

意外と、意識しにくい、引越しの際の転居届ですが、引越しをする時には、必ず何かしらの届が必要であると思っておけば、忘れることはないです。
2週間という期間もあるので、その中であれば、どこかで、届出を出す時間を見つけることも難しくありません。
届出をしないことは、自分のデメリットを増やすだけなので、なるべくすぐに届出をしてしまったほうが良いです。